血液内科とは

血液内科のイメージ写真

日本血液学会が認定する血液専門医である院長が担当します。当クリニックの様に、都内での血液疾患を診断、治療するクリニックは稀です。また、大病院のように受診に丸1日かかったり、診察費以外に選定療養費をいただくことはありません。
血液に関係する異常や症状、病気などを診療するのが血液内科です。

そもそも血液とは、生命維持には欠かせないもので、毎日骨髄で作られ、体内を絶えず循環しています。
経路としては、酸素や栄養を含んだ血液が心臓から大動脈へと送られ、動脈や毛細血管を通じて各器官や組織へ行き届きます。
そして二酸化炭素や老廃物を含んだ血液が、静脈を通って、肺、腎臓、肝臓などへ送られ、ろ過するなどして、きれいな血液は心臓へと戻るようになるという工程を繰り返しているのです。

このほか、体を病原体から守る免疫の要でもあり、出血した時に止血してくれるのも血液の役目です。

貧血のタイプを詳細に調べる

血液内科では、血管の中を絶えず循環している血液でみられる異常を早期に発見し、診断、治療につなげていきます。
例えば、貧血と診断された、あるいは貧血の症状がみられる患者さまに対応します。
この場合、単に血液疾患によって引き起こされるとも限りません(二次性貧血の可能性もあります)。
また貧血のタイプ(鉄欠乏性、ビタミン不足、先天異常、白血病の初期等)は様々あります。

血液関連に特化した当診療科では、健康診断で行う血液検査では、発見が難しいとされる異常もみつけられるようになります。
また、白血病、悪性リンパ腫、血小板の異常等につきましても診療対象となります。

この様に貧血ひとつ取っても、多種多様であり、放置することはお勧めできません。
今まで大病院でしか出来なかった様な高度な診断、治療も行っていきたいと考えておりますので、ぜひ、当クリニックを受診してみてください。

以下のような症状があれば、一度ご受診ください(例)

  • 立ちくらみ等、貧血の症状が辛い
  • 首や脇の下にしこりを感じている
  • 鼻血が出やすい
  • 出血がなかなか止まらない
  • 内出血やあざがよくみられる
  • 健康診断で血液の異常値を指摘された など

内科で取り扱う主な疾患(例)

  • 貧血
  • 造血器腫瘍
  • 白血病
  • リンパ系腫瘍
  • 骨髄系腫瘍
  • 止血機構の異常(血友病 等) など